ルネスタは市販されていないの?

市販されていないルネスタを入手する手段とは?

ルネスタは処方医薬品となるため、国内では市販されていません。しかし、通販を利用することでたやすく手に入れる方法があることを知っていますか?

 

ジェネリック医薬品なら輸入代行業者が使える

 

市販はされていないルネスタですが、なんと、個人輸入代行業者を使って手に入れることができるのです。

 

ルネスタそのものは、病院で処方してもらわないと入手できない薬であることに変わりありません。しかしジェネリック医薬品なら、不可能が可能になるのです。ジェネリック医薬品は、後発医薬品なので価格がかなり安く、なおかつ有効成分は同じです。よって得られる効果は変わりません。

 

個人輸入とは、「個人で使うものを輸入する」ということです。なので、医薬品の個人輸入も法律で認められています。ただ、手続きが難しいので、それを代行してやってくれる「個人輸入代行業者」を使って通販するとよいのです。

 

 

ルネスタは副作用依存性もあるので過剰に使用するのは注意しなければいけません。ルネスタの効果や副作用についてはコチラ↓のサイトで詳しく解説されているので、一度チェックしておきましょう。

 

→ ルネスタの副作用について解説したサイト

 

 

なお、輸入代行業者によって、価格も違います。利用する際は、以下のランキングのなかから選ぶと良いでしょう。

 

※ルネスタジェネリック3mg1箱50錠入り 1錠あたりの値段

 

 

 

  ショップ 送料 1錠価格
オオサカ堂> 無料 36円(激安No1!)
いろはウェブショップ 無料 50円
アイドラッグマート 無料 58円

 

オオサカ堂には、その他にも副作用の少ない睡眠薬として有名な「ロゼレム」なども格安で販売されています。

 

>>ロゼレムの詳細を見てみる

 

オオサカ堂のサイト内で「ルネスタ」で検索するとジェネリックも出てきますので、最適な医薬品を探してみてください。

 

なお、ランキングの価格は1錠あたりの価格です。いちばん価格が安いのはオオサカ堂で、まとめ買いをすればもっとお得になります。なので2箱購入した方が安いです。1箱買う場合も、効果があって服用を継続したいとなったら、箱数をふやしていくと良いでしょう。なお、家族には内緒で購入したい人は、「郵便局留め」を利用することもできます。ただし、安いからと安易に服用量を増やすことは、危険ですので絶対にやめましょう。

 

 
個人輸入代行業者は使い方によっては非常に便利です。手続きも簡単で、安く購入できるため、ネット通販のように手軽に利用することができます。

 

輸入代行業者を利用するなら心配ないけど、自力で個人輸入する際に心配なこと

 

個人輸入代行業者を利用する方法のほかにも、個人輸入をする方法があります。これは、個人が直接海外から輸入することをいいますが、個人輸入にはいくつか注意点があります。まず、処方箋医薬品は輸入できる量に制限があるということです。飲み薬なら、一度に個人輸入できる量は、約1ヶ月分ほどです。さらに、本人が使用する以外の目的は認められていません。これらは法律で決められていることですので、大量輸入とみなされる量を個人輸入した場合、関税で差し止めとなる可能性があります。

 

ルネスタはなぜ市販されていないの?

 

不眠症はとてもつらい症状です。それらの症状を改善するために、ルネスタをはじめとする睡眠障害改善剤が多くの病院で使用されています。しかし、睡眠障害改善剤は国内では市販されていません。買い物のついでに、ドラッグストアや薬局で購入できたらとても便利ですよね。それなのに、なぜ市販されていないのでしょう。

 

 
市販されていない理由は、習慣性医薬品が規制を受けていることにあります。ルネスタのような睡眠薬や鎮痛薬の多くは、習慣性医薬品に分類されています。市販の医薬品との違いは、厳しい管理をすることが法律で定められていることです。さらに、ルネスタは処方箋医薬品でもあります。処方箋医薬品とは、医師の処方箋がない人に対して、正当な理由以外に販売することができない薬のことです。これに違反した場合は、罰則規定があります

 

ルネスタを入手するには、病院で医師の診察をうけてから処方箋をだしてもらう必要があります。診療科目としては、精神科や心療内科を受診するのが良いでしょう。仕事や介護などの負担増加によって、ストレスを抱えることはめずらしいことではなくなりました。それでも、精神科や心療内科に通っていることを知られたくない、抵抗がある、という人もいるかもしれません。それなら、専門的に睡眠障害の治療をおこなっている睡眠外来を受診するのもひとつの手です。ただし、睡眠外来は大学病院や専門のクリニックなどに限られるため、地域によっては通院が難しいかもしれません。

 
ルネスタを入手する第一の方法は、病院で処方してもらうことです。しかし、病院に行く時間すらないという人も、実際には多いでしょう。ドラッグストアなどで購入できず、時間がない人は、服用をあきらめるしかないのでしょうか。

 

ルネスタの知っておきたい基礎知識

 

日本では、男女を問わず、不眠症の人が増えています。不眠症が続き、睡眠薬を利用している人も少なくありません。ルネスタは、数ある睡眠薬の中で、人気が高い治療薬です。比較的新しい不眠症の治療薬で、副作用も少ないことから、広く使われています。

 

ルネスタの有効成分は、GABAの働きを強め、脳の活動を抑制します。GABAは、神経伝達物質で、脳の中での情報の受け渡しにかかわっています。GABAが脳内で作用すると、脳の活動が抑制され自然な睡眠へとつながるのです。ルネスタには、様々なメリットがあります。即効性があり、入眠障害にも効果的です。また、不快感が翌日に残ることが少ないです。薬には、服用してすぐ効果が出てくるものと、ゆっくり効く薬がありますが、ルネスタは服用したその日から効果が期待できます。

 

ルネスタは、作用時間が長めなので、中途覚醒に対する効果も期待できます。依存性が少ないこともメリットのひとつです。ルネスタを服用すると、血中濃度は1時間くらいでピークに達します。そして、5時間くらいすると、半分の量が体外へと排出されていきます。薬の濃度が半分になるまでの時間を半減期と呼びます。半減期は、作用時間を考える時の目安になります。